妊娠線 なぜできる

できてしまった妊娠線は消えない!なぜ妊娠線はできるのでしょうか?
MENU

そもそも妊娠線ってなぜできるの!?

妊娠線のできるパーツとは

妊娠と同時にお腹の周辺に細い線状の皮膚トラブルが発症することがあります。これは妊娠線といい腹部や太ももなどにできる細い線のことを言います。妊娠中に発症することからこのような名称で呼ばれていますが、別名ストレッチマークという呼び方をすることもあります。妊娠線は初期は赤紫色の細い筋状の線が特徴です。

 

血管よりも細く皮膚の表面にペンで走り書きをしたかのようなラインができるのが特徴です。やがてその赤紫のラインは白みを帯びた色に変色をしてきます。この症状は皮膚の柔らかいパーツにできやすいと言います。特に皮下脂肪の付きやすいお腹や太もも・ヒップなどといったパーツに多いと言います。

 

また授乳の際に大きくなるバスト周辺も、脂肪の多い部位のためストレッチマークができる可能性が高いです。

 

妊娠線発症のメカニズムと原因は

皮膚は表皮の下に真皮があり角質や皮下組織から成り立っています。妊娠により体重が増加したりお腹が大きくなる影響により、皮膚の表皮が伸びるという現象が起きます。一方で真皮や皮下組織は伸縮しない性質があります。表皮の急激な伸びの変化に真皮や皮下組織がついていけずに、皮膚の内部に亀裂が入ることが妊娠線のメカニズムです。このため真皮の中のコラーゲン層が切れることにより、赤紫色のラインができるのが原因です。またもう1つの要因として妊娠中のホルモンの影響が関係しているといいます。妊娠中に分泌されるある特定のホルモンの影響で、皮膚のターンオーバーのサイクルに乱れが生じて妊娠線ができると言います。さらにターンオーバーが正常に行われなくなった皮膚は、弾力を失い皮下組織の断裂が起こりやすい状態となります。

 

妊娠線の予防と対策とは!?
このような妊娠線は正しい知識と適切なケアを行えば新たに発生したり悪化するのを防ぐことが可能だと言います。まず最初に気をつけたいのが急な体重増加を招かないことです。急激に体重が増加してしまうと、真皮が伸びずに妊娠線ができやすくなるので注意が必要です。また肌の弾力を保つために十分な保湿ケアを行うことも大切です。

 

最近では専用のクリームやオイルなども様々な種類が販売されています。これらのクリームなどで常にお肌をケアして、潤いのある柔らかなお肌を保つように心がけることはとても有効な対策です。

 

このような予防と対策はお腹が大きくなってからではなく、妊娠初期から丁寧なケアを怠らないことが最も大切だと言います。また妊娠線が出来てしまってからでも、正しいケアを行っていれば今より悪化することを防げます。

ママニック葉酸サプリ