妊娠線 消す

一度できてしまった妊娠線は消えないと言われています!妊娠線ができてしまったらどうしよう??
MENU

妊娠線を消すことはできない!?どうしよう?

妊娠中にうっかり作ってしまった妊娠線は、妊娠している時ならお腹の皮膚がピンと張っている状態なのでほとんど目立ちませんし気にもなりません。しかし出産後にお腹の皮膚が元に戻ってくると、妊娠線ができたところには赤っぽい線状の班が残ってしまいますよね。一度できた痕は、残念ながら消すことはできませんが、いろいろな工夫をすることによって目立たなくすることは可能です。

 

出産直後の妊娠線は、赤っぽい色をしていますが、時間の経過とともに赤紫色から黒ずんだ色になり、そして少しずつ白っぽくなっていきます。白っぽくなればかなり目立たなくなりますが、皮膚の色よりも白くなることが多く、それはそれで気になるという人は多いようです。私ももそうでした。また、色が目立たなくなっても、妊娠線は皮膚表面の下の組織が引っ張られて裂けた状態ですから、肌が凹凸になったり、伸びた部分の皮膚がテカテカになってしまったりなどの症状が出てしまいます。

 

一度できると永久に消し去ることが難しい妊娠線は、できてから消す方法を探すよりも、最初からできない方法を模索することが大切ですね。体質的にできやすい人やできにくい人などはありますが、できるだけできないように、たくさん作ってしまわないように保湿クリームを毎日塗るように心がけたり、クリームを塗りながらマッサージをしたりしてお腹のあたりの血行を良くしてあげることも効果的です。

 

お腹が大きくなると線ができてしまうから、あまり食べないようにしたほうが良いのかと考える女性は多いのですが、これはNGです。体質によってお腹がそれほど大きくなくても線ができやすい人はいますし、皮下脂肪が多い人や乾燥肌の人は体質に関係なくできやすいため、お腹を大きくしない方法を考えるのではなく、確実に予防する方法を考えるのがおすすめです!

 

ちなみに、こうした皮膚下の亀裂は妊娠中のお腹だけでなく、急激に体重が増えてしまった人の太ももやお尻などにもできることがあります。皮膚が伸びている時に気づかなくても、元に戻った時に気づくという点も、妊娠中のお腹ととても良く似ていますね。

このページの先頭へ